脚痩せが加速する、よく噛んで食べることの5つの効果

taberuyo
あなたは食べものを口に入れてから何回くらい噛んでいますか?もし5~15分くらいで食事を終えていたりするのなら、あまりよく噛んでいないのかもしれません。美脚を目指すのなら「よく噛んで食べる」のが鉄則です。

脚痩せが加速する、よく噛んで食べることの5つの効果

以前によく噛んで食べるだけの「咀嚼ダイエット」が注目されたことがありました。脚痩せにもよく噛んで食べることは効果的です。

●1.少ない食事量で満腹感が得られる
食べものを噛むという動作は、脳の満腹中枢というところを刺激します。満腹中枢は刺激を受けると、「もうお腹いっぱいだから食べなくてもいいよー」という命令を出します。食欲が抑制されるということですね。よく噛んで食べることで早くに満腹中枢が刺激されるため、結果的に少ない食事量で満腹感を得られるようになります。

●2.代謝がアップする
食事をするとちょっと体が熱くなりますよね。これは食事誘導性熱代謝というもの。食事をするという行動や消化・吸収活動ではけっこうなエネルギーを消費していて、1日のエネルギー消費量の約10%を占めています。よく噛んで食べることでこの食事誘導性熱代謝はアップします。食べながらエネルギーを消費するというのはちょっと不思議な気もしますが、より痩せやすくなるということです。

●3.全身の血流が良くなる
実は噛むことは小さな全身運動です。たくさん噛むことで、あご周りだけでなく、全身の血流が良くなります。下半身のむくみ解消にも少なからず効果がありますし、余分な老廃物や毒素がたまりづらい体質に近づくでしょう。末端の血流がよくなることで冷え性改善にもいい影響があります。

●4.胃腸への負担を和らげる
食べものを細かく砕いて飲み込むことで、胃腸への負担を和らげることにつながります。逆にあまり噛まないで食べている人は胃腸に負担をかけています。胃腸の負担が軽くなると、体の他の部分に血液を使えるようになり、代謝が活発になります。また、便秘解消にも効果的です。

●5.脂肪が分解・燃焼される
よく噛むと、交感神経系に作用してノルアドレナリンという物質の分泌が促されます。このノルアドレナリンは脂肪分解酵素であるリパーゼを活性化!脂肪を分解・燃焼してくれます。よく噛んで食べるだけで、脂肪が分解・燃焼されるというのはちょっと驚きですよね。

どのくらい噛めばいいのか?

kinpira
あまり意識していなければ、一口につき、平均して10~20回くらいで飲み込んでいるかと思います。特にやわらかい食べものの場合はほとんど噛まずに飲み込んでいることもあるでしょう。

とりあえず一口につき30回噛むのを目標にしましょう。厚生労働省でも食育などの観点から、一口につきで30回噛むことを推奨しています。

歯ごたえのある食材を選ぶのもポイントです。食物繊維の多い野菜やキノコ類などは自然と噛む回数が増えます。他にも白米よりは雑穀のほうが歯ごたえがあります。また、鍋料理やカレー・シチューなどは具材を大きめにカットしたりするのもよいですね。

最後に

脚痩せを成功させるためには、何を食べるかも大切ですが、どう食べるかも大切です。普段の食事でちょっと噛む回数を意識するだけで、数か月後には美しいボディラインができているかもしれません。

ここで紹介した以外にも、よく噛むことには、小顔になる、虫歯予防になる、記憶力・思考力がアップするなどの効果も!健康や美容にいいことばかりですよね。

最初はちょっと面倒に感じたりもしますが、2~3週間ほど続けると自然に30回くらい噛んでから飲み込む習慣が身に付きます。特別な道具もなく、今日からでもスタートできるので、やらない手はないでしょう。ぜひ美脚を目指すあなたには身につけてほしい習慣の1つです。

たったの1日2分流すだけ!ananでも紹介された話題の美脚法

monitor

たった1日に2分間流すだけ!"リンパトリートメント"による美脚法!ハァハァと汗をかくようなきついエクササイズやトレーニングは一切しなくても、自然に脚は細くなります!

現役読者モデルも太もも-5㎝に成功!自宅でサクッと憧れの美脚を手に入れたい人に"イチオシ"の脚痩せダイエットです!

botton

コメントは受け付けていません。