外側から攻めるのがマッサージ、内側から攻めるのがストレッチ

02

脚痩せに効果的な方法としておすすめなのがマッサージとストレッチです。どちらもむくみを解消したり、凝り固まった筋肉をやわらかくしたり、脂肪の分解・燃焼を促すなどの効果があります。ではマッサージとストレッチでは何が違うのでしょうか?

外側からのアプローチ=マッサージ

massagi

マッサージでは体の外側からアプローチします。体の表層にある血管やリンパ管に働きかけることで、血液やリンパ液の循環をスムーズにします。余分な水分、体から出た老廃物・毒素などを押し流すことができるため、むくみを解消したり、代謝をアップさせて脂肪燃焼を促す効果があります。

また、マッサージでは体の表層にある筋肉に働きかけることもできます。脚痩せで考えると、あまり脂肪のないふくらはぎや足首付近の筋肉などをほぐすのには、マッサージが向いていますね。

比較的短期間で効果を実感しやすいのもマッサージの特徴です。下半身がむくんでいる方の場合、正しい脚痩せマッサージを行うと、10~20分程度でふくらはぎが2~3cm細くなるということもありますよ。

内側からのアプローチ=ストレッチ

streach

ストレッチでは体の内側からアプローチします。具体的には筋肉を伸ばすことで状態を変化させていきます。凝り固まった筋肉をほぐしてあげると、その周囲の血管やリンパ管が圧迫されなくなるため、血液やリンパ液の循環をスムーズになります。その結果、むくみを解消したり、脂肪の燃焼を促すことにつながります。

マッサージではなかなか届きづらい深層の筋肉にアプローチできるのが、ストレッチの強みです。下半身のなかで比較的脂肪が多いお尻や太ももは、マッサージだけで筋肉をほぐしてあげるのが難しいので、ストレッチで内側からも攻めていくのが効果的ですね。また、体の深層の筋肉をやわらかくほぐすことは、骨の位置を正常に戻すことにもつながります。姿勢改善や骨盤矯正にも効果のある方法といえます。

ただマッサージと比較すると、ストレッチはそれほどすぐ効果が実感できるものではありません。1カ月、2か月…と続けていくことで、少しずつ下半身が細くなってきたり、ゆがみが改善されたりします。

マッサージとストレッチの同時進行で脚痩せをググッと加速!

ここまで見てきたように、体の外側からアプローチするのがマッサージで、体の内側からアプローチするのがストレッチです。どちらも狙っている結果は同じですが、アプローチ方法が違うのです。自分の脚の状態、また細くしたいパーツなどによって、上手にマッサージとストレッチを使い分けましょう。

また、マッサージとストレッチはどちらか1つだけに取り組むのでも悪くないですが、同時進行で取り組むと脚痩せがググッと加速します。内側と外側、両方向から攻めることでより効果を実感しやすくなり、脚痩せに取り組むのが楽しくなっていきますよ。

また、今までどちらか1つしか取り組んでいなくて、なかなか脚が細くならなかったという方は、もう1つにもチャレンジしてみるのがおすすめです。意外とサクッと脚が引き締まり始めるかもしれませんね。

もちろん、無理して1日にマッサージとストレッチの両方をやる必要はありません。「今日はマッサージで、明日はストレッチ♪」というように上手にメニューを工夫してみてくださいね。

たったの1日2分流すだけ!ananでも紹介された話題の美脚法

monitor

たった1日に2分間流すだけ!"リンパトリートメント"による美脚法!ハァハァと汗をかくようなきついエクササイズやトレーニングは一切しなくても、自然に脚は細くなります!

現役読者モデルも太もも-5㎝に成功!自宅でサクッと憧れの美脚を手に入れたい人に"イチオシ"の脚痩せダイエットです!

botton

コメントは受け付けていません。