骨盤のゆがみを長座でチェックする方法

5nyw3er5jlmhev3ffdpulgmdng4n2deg

腰痛・肩こり、頭痛、冷え性、便秘などなど…。骨盤のゆがみはさまざまな症状の原因になります。骨盤のゆがみが下半身太りを引き起こしていることもよくあります。

以前に「自宅で簡単に骨盤のゆがみをチェックする方法」を紹介しましたが、ここでは別の骨盤のゆがみをチェックする方法をお伝えします。合わせてチェックすることで、自分の骨盤の状態をより正確に知ることができます。

骨盤のゆがみを長座でチェックする方法

tyouza

長座(両脚をまっすぐに伸ばして座ること)をしましょう。力を抜いた自然な状態でのつま先の向きを見ると、骨盤のゆがみをチェックできます。

■STEP1.鏡に足の裏を向けて、長座をします。
■STEP2.1度力を入れて、しっかりと両脚のひざとくるぶしをしっかりつけます。
■STEP3.両脚の力をゆっくりと抜いて、自然な状態します。
■STEP4.足のつま先の向き・開きを鏡で確認します。

ashiura_yugami_1
左右のつま先の傾きがほぼ同じくらいで、つま先の開きがおおよそ60度くらいになるのが理想的です。両足のつま先がきれいな逆三角形を描いていれば、骨盤のゆがみはほとんどありません。


ashiura_yugami_2
いずれかの足のつま先が大きく傾いている場合は、股関節にずれがあります。右足が大きく傾いているなら右の股関節が、左足が大きく傾いているなら左の股関節がずれています。


ashiura_yugami_3
両足のつま先が極端に外側に開いていたり、内側に閉じているのもよくありません。両足のつま先が極端に外側に開いている場合は、骨盤が開いている状態です。O脚になっている可能性も高いです。逆に両足のつま先が極端に内側に閉じている場合は、股関節が内側にねじれている可能性があります。X脚やXO脚になりやすい傾向があります。

骨盤のゆがみは定期的にチェックする

このチェックを試してみて、あなたの骨盤がゆがんでいたいとしても、それほどショックを受ける必要はありません。どれだけ気を遣って生活をしていても、ある程度は骨盤はゆがんでしまうものだからです。

それよりも大切なのは、「定期的に骨盤のゆがみをチェックしたうえで、骨盤の位置をリセットすること」です。よほど重度のものでなければ、骨盤のゆがみは短期間でリセットすることができます。長期間骨盤のゆがみを放置してしまうことが問題なんですね。

骨盤のゆがみを改善すると、自然な筋肉の使い方ができるようになります。下半身の血液やリンパ液もスムーズに循環するので、むくみ解消&脂肪燃焼も加速します!今まで何をしても脚が細くならなかったという方は、1度骨盤のゆがみをリセットすると、不思議なくらいマッサージや運動の効果が出たりしますよ。

このブログでも骨盤のゆがみを改善するストレッチやエクササイズを紹介していくので、ぜひ参考にしてみてくださいね。一緒に脚痩せを頑張っていきましょう!

たったの1日2分流すだけ!ananでも紹介された話題の美脚法

monitor

たった1日に2分間流すだけ!"リンパトリートメント"による美脚法!ハァハァと汗をかくようなきついエクササイズやトレーニングは一切しなくても、自然に脚は細くなります!

現役読者モデルも太もも-5㎝に成功!自宅でサクッと憧れの美脚を手に入れたい人に"イチオシ"の脚痩せダイエットです!

botton

コメントは受け付けていません。