下半身のむくみをガンガン悪化させてしまう5つのNG習慣

あなたも気が付かないうちに下半身がむくむような生活を送っているかもしれません。下半身のむくみをガンガン悪化させてしまう5つのNG習慣をご紹介します。自分がいくつ当てはまるかチェックしてみてくださいね。

NG習慣1.塩分を摂りすぎている

solt

塩分に含まれるナトリウムには、体内に水分をためこむ作用があります。体内にためこまれた水分は、重力の関係で下半身に停滞しやすく、それがむくみへとつながります。

スナック菓子や加工食品、インスタント食品、ファストフードなど、いわゆる「ジャンクフード」と呼ばれるものには、塩分がたっぷりと使われています。また、外食をすると、どのくらい塩分を使っているかがわかりません。あなたも気が付かないうちに塩分を摂りすぎているかもしれませんね。

厚生労働省によると、女性の塩分摂取量は1日に7g以下が理想です。むくみがひどい方は自分の食生活を見直してみるとよいでしょう。塩分を摂りすぎてしまった場合には、ナトリウムを尿と一緒に排泄する作用のあるカリウムを摂るのがよいですよ。

NG習慣2.長時間同じ姿勢でいる

deskwork

デスクワークなどで長時間同じ姿勢が続くと、むくみを引き起こします。下半身の静脈やリンパは筋肉をポンプにして流れています。長時間同じ姿勢でいると、下半身の筋肉は一切動かないため、血液やリンパ液が渋滞を起こしてしまうのです。

仕事中でもちょっとしたスキマ時間に歩き回ったり、ストレッチやマッサージをするようににしましょう。また、家でゆったりリラックスするのは良いことですが、座りっぱなしの生活はむくみを悪化させてしまいます。

NG習慣3.ほとんど運動をしていない

run

習慣2とも関係しますが、運動不足もむくみを悪化させてしまいます。下半身の血液やリンパ液を押しあげる筋力が衰えてしまうからです。

突然ハードな運動をする必要はありません。週1回くらいのウォーキングからスタートするのが良いと思います。また、通勤・通学やお買い物などで可能な限り歩くようにしましょう。日常生活のなかで歩く距離を増やすのがポイントです。

NG習慣4.標準体重より重い体重を放置している

himan

肥満はむくみの原因の1つです。というのも、余分な脂肪は血液の流れを邪魔してしまうから。下半身に脂肪がたっぷりついている方は、ほぼ確実にむくみも抱えています。

標準体重を超えているという自覚のある方は、通常のダイエットにも取り組むことをおすすめします。脂肪が落ちるだけでなく、むくみも解消されて、一気に下半身が細くなります。

NG習慣5.下半身を締め付ける衣類や下着を着けている

taito

下半身を締め付ける服や下着は、血管やリンパ管を圧迫します。血液やリンパ液の循環が滞ってしまうので、むくみを引き起こしやすくなります。

上の画像くらいのサイジングでパンツを選ぶ方も多いと思いますが、これくらいでも下半身をむくませる可能性は十分にあります。特にジーンズのような硬い素材のパンツは下半身が強く締め付けられます。より注意するようにしましょう。

オシャレだってもちろん大切ですし、わたしもスキニージーンズを履きます。ただそういう下半身を締め付けるような衣類や下着を着けた日には、念入りにマッサージをするなどの工夫をしたいですね。

たったの1日2分流すだけ!ananでも紹介された話題の美脚法

monitor

たった1日に2分間流すだけ!"リンパトリートメント"による美脚法!ハァハァと汗をかくようなきついエクササイズやトレーニングは一切しなくても、自然に脚は細くなります!

現役読者モデルも太もも-5㎝に成功!自宅でサクッと憧れの美脚を手に入れたい人に"イチオシ"の脚痩せダイエットです!

botton

コメントは受け付けていません。