靴底の減り方からわかるあなたの歩き方の問題

どんなに運動が苦手な人でも、通勤通学や買い物などで毎日必ず歩いていますよね。でも間違った歩き方をしていると、ただそれだけで脚のラインに悪影響が出てきてしまいます。

あなたの歩き方は大丈夫でしょうか?自分の歩き方の問題をチェックするために、よく履いている靴の底を確認してみてください。靴底の減り方から歩き方の問題がわかります。

理想的な靴底の減り方

親指の付け根にあたる部分とかかと全体が左右均等に減っているのが、理想的な靴底の減り方です。かかとから着地して正しい体重移動ができていると、このような靴の減り方になります。脚全体をバランスよく使った正しい歩き方ができている証拠です。

靴底の外側が減る

靴底の外側ばかりが減るのは、身体の重心が外側に偏った歩き方をしているからです。いわゆる「がに股歩き」「O脚」の傾向があります。

重心が外側に偏った歩き方をしていると、脚の外側の筋肉ばかりが発達します。ふとももやふくらはぎがボコッと外側に張り出した脚になってしまいます。逆に脚の内側の筋肉はあまり使われないため、内ももなどがたるむのもこの歩き方の特徴です。

靴底の内側が減る

逆に靴底の外側ばかりが減るのは、「内股歩き」「X脚」の傾向があります。猫背で歩いたり、ひざを曲げて歩くと、このような靴の減り方になりやすいです。

この歩き方をしていることでなりやすい体型は、外側に広がったタレ尻&下半身太りです。骨盤がどんどん開くので、お尻が大きくなっていきます。また、下半身の血液やリンパの流れが悪くなるため、むくみや冷えを引き起こしやすいです。下半身太りにつながるので注意しましょう。

靴底のつま先が減る

いつもつま先の体重をかけて、踏みこむようにしてい歩いている人は、靴底のつま先が減りやすいです。普段から高いヒールを履いている人によくありがちです。外反母趾になりやすいので注意しましょう。

また、この歩き方は脚の前側の筋肉に負担をかけるため、ふとももの前側がボコッと張り出しやすくなります。一方で脚の後側はだらしない印象になります。1度自分の後姿を鏡でチェックしてみるとよいかもしれません。

靴底全体が減る

足裏全体を引きずるような歩き方をしていると、靴底全体が減ります。靴底が減るのが早いのもこのタイプです。

この歩き方は、もはやお年寄りの歩き方と言ってもいいかもしれません。ただ楽をしたいだけなのか、筋力が衰えているのかはわかりませんが、あまり脚の筋肉を使わずに歩いています。脚のポンプ機能が働かないため、余分な水分や老廃物を下半身にためこみがちです。

左右片方の靴底が極端に減る

左右どちらかの靴底だけが極端に減っている方は要注意です。骨盤が大きくゆがんでいる可能性大です!下半身太りしやすいのはもちろん、頭痛や生理痛、腰痛、肩こり、関節痛、便秘、冷えなどの原因にもなります

明らかに身体にゆがみがあるとわかる歩き方ですから、早めに日常生活を見直し、ストレッチやエクササイズで改善していきましょう。

最後に

いかがでしたか?もし靴底の減り方に問題があった方は、ぜひ歩き方を改善するようにしましょう。少し意識して歩くだけで、脚痩せには大きな差がつきますよ。

たったの1日2分流すだけ!ananでも紹介された話題の美脚法

monitor

たった1日に2分間流すだけ!"リンパトリートメント"による美脚法!ハァハァと汗をかくようなきついエクササイズやトレーニングは一切しなくても、自然に脚は細くなります!

現役読者モデルも太もも-5㎝に成功!自宅でサクッと憧れの美脚を手に入れたい人に"イチオシ"の脚痩せダイエットです!

botton

コメントは受け付けていません。