ししゃも脚になる原因をいろいろまとめてみた!

shishamo

ふくらはぎがガッチリと盛り上がっている「ししゃも脚」に悩んでいる女性は多いですよね。ではなぜししゃも脚になってしまうのでしょうか?ししゃも脚になる原因をいろいろまとめてみました。

立ち方が安定していない

実は正しい姿勢で立つと、あまり下半身の筋肉を使いません。どちらかというと、腹筋や背筋などの上半身の筋肉を使います。いわゆる「体幹」と呼ばれる身体のコアとなる筋肉ですね。

逆に上半身が不安定でグラグラとしていると、それを下半身の筋肉でカバーしようとします。そのため、ふくらはぎの筋肉が盛り上がって、ししゃも脚になってしまうことがあるのです。猫背や反り腰など姿勢が悪い方はこの理由を疑ったほうがよいかもしれません。

歩き方に問題がある

足の裏にグッと力を入れて歩くクセがあったり、がに股や内股で歩くクセがあると、ふくらはぎの外側の筋肉に負担がかかることがあります。その部分ばかりが発達するので、ししゃも脚に近づきます。

正しい歩き方を身につければ、ししゃも脚が改善されるかもしれません。「歩くくらい誰だってできるでしょ!」と思いがちですよね。でも街中を見渡してみても、正しい姿勢でカッコよく歩いている人は意外と少ないものです。1度自分の歩き方もチェックしてみるとよいでしょう。

いつもハイヒールを履いている

ハイヒールは履くのにテクニックが必要な靴です。しっかり腹筋に力を入れて、キュッとお尻を引き締めてバランスよく履かなければ、ひざから下にばかり負担がかかります。これが筋肉疲労を引き起こします。

しかもハイヒールを履くと、歩くときにあまり足首が動きません。ふくらはぎのポンプ機能が働かないため、血液やリンパの循環が悪くなります。余分な水分や老廃物をためこみやすくなり、ふくらはぎが太くなります。ハイヒールを履いた日は、いつも以上に脚痩せケアに力を入れるのが大切です。

O脚やX脚である

これがししゃも脚になる1番の原因かもしれません。O脚X脚などは脚の外側に重心が偏ります。そのため、ふとももやふくらはぎの外側の筋肉ばかりが発達します。しかも脚のゆがみは血液やリンパの循環を阻害するため、余分な水分や老廃物をためこむ原因にもなります。

X脚の方はそれほど多くありません。ただ程度の差はありますが、日本人女性の約8~9割がO脚だといわれます。ししゃも脚に悩んでいる方はO脚を疑ってみましょう。O脚のままだと、立つ・歩く・走るなどあらゆる動作がふくらはぎを発達させる原因になります。O脚を改善すると、自然にししゃも脚も改善されます。

スポーツをしている

必ずしもスポーツをすると、ししゃも脚になるというわけではありません。毎日ハードなトレーニングをしているプロのアスリートさんのなかにも、脚がキレイな方はたくさんいます。それはバランスよく筋肉がついているからだと思います。

ただここまで何度も書いてきたように、姿勢に問題があったり、脚にゆがみがあったりすると、ちょっとした運動でもふくらはぎの筋肉がアンバランスに発達します。スポーツはそれを加速させると考えるとよいでしょう。

運動後にケアをしていない

運動をすると筋肉から疲労物質や老廃物が出ます。運動後にしっかりとケアをしないと、そうした疲労物質や老廃物がたまってしまうことがあります。疲労物質や老廃物はその日のうちに排出しなければ、どんどんたまっていくため、ししゃも脚の原因になります。

普段運動をする習慣のある方は、運動後にストレッチやマッサージなどのケアをしてあげましょう。また、しっかり睡眠時間を確保することも、疲労物質や老廃物を排泄するためのポイントです。

最後に

以上のように、ししゃも脚になる原因はいろいろなものが考えられます。まずは自分がししゃも脚になってしまっている原因を突き止めましょう。原因がはっきりすれば、対策も立てられます。ぜひししゃも脚を改善して、理想の脚のラインに近づいてくださいね。

たったの1日2分流すだけ!ananでも紹介された話題の美脚法

monitor

たった1日に2分間流すだけ!"リンパトリートメント"による美脚法!ハァハァと汗をかくようなきついエクササイズやトレーニングは一切しなくても、自然に脚は細くなります!

現役読者モデルも太もも-5㎝に成功!自宅でサクッと憧れの美脚を手に入れたい人に"イチオシ"の脚痩せダイエットです!

botton

コメントは受け付けていません。