ふくらはぎの位置を高くする「座り地団駄」のやり方

hukurahagi1

美脚をつくるポイントの1つは「ふくらはぎの筋肉の位置が高くする」ことです。では具体的にどうすればふくらはぎの筋肉の位置が上がるのでしょうか?

ふくらはぎの位置を高くする方法はいくつかありますが、そのなかでも自宅で手軽に取り組める「座り地団駄」のやり方を紹介します。

座り地団駄のやり方

STEP1.手を後ろについて床に座る

両脚を揃えて伸ばして床に座ります。手を後ろについて身体を支えます。ゆっくり呼吸をして全身をリラックスさせたら準備完了です。

STEP2.右ひざを曲げる

右ひざを直角になるくらいまで曲げます。

STEP3.右脚を勢いよく前に伸ばす

ひざとふくらはぎの裏側を床にたたきつけるようなイメージで、右脚を勢いよく前に伸ばします。ふくらはぎの筋肉がぶるっと揺れるくらいに強く打ちつけましょう。このとき、脚に力を入れないように注意してくださいね。

STEP4.左ひざを曲げる

今度は左ひざを直角になるくらいまで曲げます。

STEP5.左脚を勢いよく前に伸ばす

右脚と同じようにして、左脚を勢いよく前に伸ばします。ひざとふくらはぎの裏側をしっかりと床にたたきつけましょう。

STEP6.繰り返す

リズミカルに30セット繰り返します。慣れてきたら、「片方の脚を前に伸ばす動作」と「もう片方の脚のひざを曲げる動作」を同時に行ってみましょう。効率よくエクササイズが進みます。

座り地団駄の効果は?

突然ですが、あなたのふくらはぎはしなやかで柔軟性がありますか?力を抜いているときはプルンプルンと揺れる、そして力を入れればガチっと固くなる。これが良質なふくらはぎの筋肉の特徴です。

逆にいつもふくらはぎが張っているという方は、筋肉が凝り固まっている可能性が高いです。

筋肉がカチコチに凝り固まると、あなたのふくらはぎはブサイクになってしまいます…。まず単純に凝り固まった筋肉自体の見た目が美しくありません。それに加えて、筋肉が凝り固まると、血液やリンパの流れも悪くなります。そのため、余分な水分や老廃物がたまってふくらはぎが太くなりがちなのです…。

座り地団駄はふくらはぎの筋肉をほぐすエクササイズです。毎日このエクササイズを続けていると、ふくらはぎの筋肉に柔軟性が出るので、ふくらはぎの位置が上がります。

また、座り地団駄はふくらはぎの血液やリンパの流れを良くするので、むくみや冷えの改善にも効果的です。就寝前などに取り組むことで、1日分のむくみをスッキリ解消できます。

最後に

いかがでしたか?ふくらはぎの位置を高くなると、スカートを可愛く履きこなせるようになります。自宅でいつでも手軽に取り組める方法ですので、ぜひ座り地団駄エクササイズを習慣にしてみてくださいね。

最後まで記事を読んでいただき、ありがとうございます。あなたの脚痩せを応援しています^^

たったの1日2分流すだけ!ananでも紹介された話題の美脚法

monitor

たった1日に2分間流すだけ!"リンパトリートメント"による美脚法!ハァハァと汗をかくようなきついエクササイズやトレーニングは一切しなくても、自然に脚は細くなります!

現役読者モデルも太もも-5㎝に成功!自宅でサクッと憧れの美脚を手に入れたい人に"イチオシ"の脚痩せダイエットです!

botton

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です