脚のむくみを予防する靴選びの7つのポイント

kutsuerabi

「いつも夕方になると、脚がむくんでくる…」

あなたはこんな悩みを抱えていませんか?もしかしたらあなたが普段履いている靴に問題があるのかもしれません。ここでは、脚のむくみを予防する靴選びの7つのポイントをご紹介します。

ポイント1.サイズ・形のぴったりな靴を選ぶ

足に合わない靴を履いていると、歩くときに脚全体に負担がかかります。きつい靴は血管やリンパ管を圧迫するため、むくみの原因になります。逆にあまりにゆとりのある靴を履くと、指に力が入ってしまいます。脚がむくんだり、疲れやすくなってしまいます。

デザインや価格だけで選ぶのではなく、自分の足のサイズや形にぴったりの靴を選ぶのが基本です。最低でも以下のことを確認します。

つま先

足の指先が靴に当たらないことを確認する。5~10mmほど余裕を持たせるとよいです。

横幅

自分の足の1番幅が広いところがしっかり靴に収まるかを確認する。

甲周り

足の甲が靴と擦れないことを確認する。

土踏まず

自分の足の土踏まずと靴のアーチが合致することを確認する。

かかと

自分のアキレス腱が靴のかかと部分に当たらないことを確認する。

ポイント2.紐靴がおすすめ

むくみ予防に最適なのは紐靴です。足の甲の部分をしっかりと固定できる紐靴は、歩くときの負担を軽減してくれるからです。普段のお買い物、ウォーキングなどで使う靴は、紐付きののスニーカーを選ぶようにしましょう。

ポイント3.意外とパンプスはむくみやすい

「ヒールのないパンプスなら、脚も疲れづらいし、むくまないだろう」なんて思っていませんか?それは大きな間違いです。

足を固定する機能のないパンプスを履いていると、脱げないように自然とつま先などに力が入ります。そのため、脚が疲れたり、むくみやすくなるのです。しかもふとももやふくらはぎの筋肉の使い方も偏りやすくなるので、脚の形も崩れやすくなります。

ただどうしてもパンプスを履きたい、履かなければならないという場面はありますよね。そんなときは足首にストラップがついたものを選んだり、インソールを入れたりすることで、脚への負担を小さくしてあげましょう。

ポイント4.ヒールの高い靴は普段履きにしない

ヒールの高い靴は足首が曲がりにくくなるため、歩いてもふくらはぎの筋肉がほとんど動きません。そのため、下半身の血液やリンパ液が滞ってむくんでしまいます。

ヒールの高い靴はできるだけ普段履きにしないようにしましょう。仕事などでヒールのある靴を履かなければならないとき、どうしてもオシャレでヒールのある靴を履きたいときには、太目のしっかりとしたヒールの靴を選びたいですね。

参考記事:ハイヒールが下半身太りを引き起こすって知ってた?

ポイント5.必ず試し履きをする

「私の足のサイズは23.5cmってわかっているし、試し履きするのは面倒…」

こう思う方もいるかもしれませんが、靴を購入する前には必ず試し履きをします。同じ23.5cmというサイズ表記であっても、メーカーによってサイズ感が違うことはよくあります。また、靴の横幅や高さが合わないなんてことも。そもそも自分に合わない靴を選ばないことで、脚のむくみを予防しましょう。

できれば靴を履いた状態で、店内を少し歩かせてもらいます。歩いたときに違和感がないことも確認しておきたいですね。

ポイント6.その靴を履くときと同じ状態で試し履きをする

靴はほんの少しの差で履き心地がガラッと変わります。冬の寒い日にストッキングを2枚重ねにしただけで、靴がきつく感じたという経験のある方もきっといますよね。

素足で履くのか、ストッキングで履くのか、ソックスで履くのかなど、その靴を履くときと同じ状態で試し履きをすると、失敗することがなくなります。脚のむくみの予防にもつながります。

ポイント7.通販では買わない

最近はネット通販で靴を購入する方も増えましたよね。でも通販では試し履きをすることができません。足に合わない靴を選んでしまう可能性がグッと上がります…。

そのため、通販で靴を購入するのは基本的におすすめできません。試し履きや返品交換が可能なショップのみを利用するようにしましょう。

靴選びに注意すると、どのくらい違うか

わたしも以前はデザイン重視で靴を買っていました。試し履きで少しくらい違和感を感じても、デザインが気に入った靴は購入してしまっていました。そのせいで脚がむくみやすくなったり、歩き方がおかしくなっていると気が付かずにです…。

でも最近では自分の足にフィットしなかった靴は、「縁がなかった」と思って諦めるようにしています。それから1日中お買いものなどを楽しんでも、あまり脚が疲れなくなりました。脚に疲れを感じないということは、しっかり身体から出た老廃物や疲労物質などが流れていることなので、むくみもほとんど起きなくなります。

さらに、「せっかく靴を買ったのに、結局履かなくなる」ということがなくなり、経済的にもプラスになっています。

最後に

いかがでしたか?丁寧に靴を選ぶことで、事前に脚のむくみを予防することができます。夕方のむくみや疲れがだいぶ違ってくると思います。

もちろん、オシャレな靴を選んではいけないということではありません。ただどれだけデザインが気に入ったとしても、自分の足に合っていない靴は選ばないようにしてほしいということです。ぜひお気に入りの一足を探してみてくださいね。

最後まで記事を読んでいただき、ありがとうございます。
あなたの脚痩せを応援しています^^

たったの1日2分流すだけ!ananでも紹介された話題の美脚法

monitor

たった1日に2分間流すだけ!"リンパトリートメント"による美脚法!ハァハァと汗をかくようなきついエクササイズやトレーニングは一切しなくても、自然に脚は細くなります!

現役読者モデルも太もも-5㎝に成功!自宅でサクッと憧れの美脚を手に入れたい人に"イチオシ"の脚痩せダイエットです!

botton

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です